無心

今日のponyはおかげさまで少し忙しい1日となりました。

 

これまで定期的にご来店くださっているお客さまに加え、『はじめまして』のお客さまが来てくださいました。

ご紹介によりきてくださったのですが、

お客さまからしてみれば

 

【初めて会う人に自分の心と身体のことをお話して身体に触れられる】

 

って、少し勇気がいると思うんです。

私ももちろん多少の緊張はあります。

『どんな方なのかな~?』って

でも『はじめまして』の方へは少しずつノックしていくイメージで、あとはトリートメントにコミュニケーションを委ねます。

そこにあなた(肌)があるから、わたしは余分な力を抜いてただ寄り添う。

そんなイメージで。

 

『ここが固くて滞っているから、ここを流してやるぞ!』

みたいな力みがあると、受けている方もどこかで息苦しいというか。

もちろん、すごく凝っているなぁ、とか、張っているなぁというのは感じます。

でも『私がこれをなんとかしてあげるからね!』みたいな暑苦しさはもたないようにしているんです。

そんな風に無心でさせていただくトリートメントは、自分と受けてくださる方と繋がっていくような感覚にもなります。

させていただく私も気持ちがいいのです。

 

この、『力まない』

がアロマトリートメント、タッチングの良さだと感じています。

 

 

今日は初めてフェイシャルトリートメントを受けてくださったお客さまに帰り際、

『想像されていたのと何か違う感覚はありましたか?』

とお聞きしたところ、

『想像していたよりも気持ち良かったです!』

とこれ以上ないお言葉を頂きました。

 

改めて、出会いに感謝です。